[記事数:871] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)

不登校生の離島留学を検討 長崎



不登校生の離島留学を検討

 県教委が、離島留学制度の拡充策の一環として、2018年度に五島市の県立五島南高に島外の不登校生徒を受け入れるコースの新設を検討していることが、24日分かった。悩みを抱える生徒に離島の自然を生かした環境を提供し、教育を継続してもらうのが狙い。

 県立高での不登校生徒の受け入れは、佐賀県の県立太良高が生徒募集を前面に出している。五島南高は普通科内に20人程度を予定。地域の行事や体験活動を通して自然と親しみながら学んでもらう。

 離島留学制度は、離島の高校に本土部の生徒を受け入れて、島の特色を生かした教育をする。現在、対馬、壱岐、五島の3高校で実施しており、五島南高は初の導入となる。

 県が昨年8月に公表した学校基本調査結果(速報値)によると、14年度の県内の不登校中学生は千人超。思春期特有の悩みや、小学校から中学校の生活の変化に悩む「中1ギャップ」などが考えられるという。

 また19年度からは、南島原市の県立口加高に介護福祉士を養成する福祉科の開設も検討している。島原半島南部の老年人口(65歳以上)の割合は、団塊の世代が75歳以上となる25年に4割強となるため、介護人材の育成を計画的に行う必要があると判断した。1学年1学級40人定員で調整している。

 五島南高、口加高いずれのコース・科の新設も17年度から3年間の教育施策をまとめた実施計画に盛り込む予定。9月にも教育委員会に議案を提出する。

五島南高校




徳島県の“田舎”で働くITベンチャー、Sansan社員に働き方を聞いてみた... 東京で働くのは「無理だと思った」――徳島県の“田舎”で働くITベンチャー、Sansan社員に働き方を聞いてみた - ITmedia ニュース 東京で働くのは「無理だと思った」――徳島県の“田舎”で働くITベンチャー、Sansan社員に働き方を聞いてみた Sansanが徳島県...
2014年田舎暮らし 移住先人気ナンバー1は何県?... 田舎暮らし希望地域ランキング、1位に初の「山梨県」 2015年2月12日(木) 16時30分  NPO法人ふるさと回帰支援センターは、2月10日、「2014年田舎暮らし希望地域ランキング」の結果を発表した。今回は、ほぼ毎月開催されている移住セミナーなどの効果により、山梨県が僅差で1位...
秋田に住んで起業して 県、支援プログラム... 秋田に住んで起業して 県、支援プログラム 2015/7/15 10:14  移住してドチャベン(土着ベンチャー)を起こしませんか――。秋田県は県外から移住して地域に根ざした事業を始める起業家を育成する。支援プログラムを通じて起業プランを磨き、来年4月をめどに第1号の起業を目指す。  ...
インフラを整えるだけでは企業は絶対にこない 徳島県神山町... インフラを整えるだけでは企業は絶対にこない いいね!自治体●徳島県神山町 篠原 匡=日経ビジネスクロスメディア編集長2015/02/02 00:00  硬い、遅い、補助金頼みという、これまでのイメージを覆す特色ある自治体を紹介するコラム。今回は徳島県神山町を取り上げる。中山間地にあり、有名...
全国各地でサテライトオフィス誘致合戦が本格化... 全国各地でサテライトオフィス誘致合戦が本格化 (とくしまサテライトオフィスプロジェクトHPから) POSTED BY: REGIONWIRE 2016年2月3日 サテライトオフィスと言えば徳島県が先行してきたが、この成功に続こうと国レベルでは総務省が「ふるさとテレワーク...
海士町の人々が見た「移住者」 「Iターン者」という言葉は不要... 海士町の人々が見た「移住者」 「Iターン者」という言葉は不要 大胆な施策で、地方創生の先駆けとして注目を集める島根県海士町。約2400人の居住者のうち、2割は他所から移住した「Iターン者」とされる。増加傾向にあるIターン者と、迎え入れる地元の人々は、どのように関わりを築いてきたのだろうか。 ...
海士町は「成功事例」ではなく「挑戦事例」 人が集う「教育の島」... 海士町は「成功事例」ではなく「挑戦事例」 人が集う「教育の島」 隠岐諸島・海士町にある県立隠岐島前高校。岩本悠氏は新たな「学びの場」を創出し、町の活性化に貢献。現在、教育改革の動きは県全域に広がっている。 人口2400人足らずの離島である海士町。生徒数の減少で存続の危機にあった隠岐島前高校は...
定住者を呼び込む、日本一の子育て村 島根県邑南町... プロジェクトニッポン 島根県 定住者を呼び込む、日本一の子育て村 石橋 良治(邑南町長) 広島との県境、中山間地に位置する自然豊かな邑南町。UIターン者が急増する町として、注目を集めている。それは、町をあげて独自の定住促進策に取り組んだ成果だ。 自然が豊かな邑南町。盆地の中に位置し、...
特典「子牛1頭」、移住希望殺到で募集ストップ 鹿児島県三島村... 特典「子牛1頭」、移住希望殺到で募集ストップ 読売新聞 5月24日(日)12時18分配信 有人3島などで構成される鹿児島県三島村(みしまむら)への移住希望者が殺到し、村は受け付けを一時的に中止した。 移住世帯への「子牛1頭か50万円を支給」「月額8万5000円を助成」などの特典がインタ...
アンテナショップで兵庫県養父市移住をPR... アンテナショップで養父移住をPR 地元産野菜などが並ぶアンテナショップ=養父市八鹿町高柳  兵庫県養父市への移住の促進に取り組む「田舎暮らし倶楽部」が21日、同市八鹿町高柳にアンテナショップをオープンさせた。養父市在来の大豆「八鹿浅黄」で造ったみそや地元農家が有機栽培した野菜などを販売し...




コメントを残す