[記事数:871] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)

桜井・南相馬市長:企業誘致失敗、減給へ 責任認め自ら処分 /福島



桜井・南相馬市長:企業誘致失敗、減給へ 責任認め自ら処分 /福島
毎日新聞 2015年06月27日 地方版

 震災後に南相馬市に太陽光発電関連工場を建設するとして市と立地協定を結んだメーカー「ジー・エム・ジー」(本社・東京)が、資金難を理由に土地取得費用を支払わず計画が中止になったことを巡り、桜井勝延市長が不十分な事前調査などによって市に損害を与えた責任を認め、自らを減給処分とする方針を固めたことが26日、分かった。開会中の定例市議会最終日の7月2日に給料減額のための条例案を追加提出する。

 市長の処分は8月から3カ月間、給料を10%減額する内容。市長は7月2日の市議会で「企業誘致で市民の期待にそえず、市政を混乱させた責任は重い」と謝罪する方向で調整している。減給で自らの責任を明確にし、野党会派などによる責任追及に幕を引きたい意向だ。「脱原発」を掲げる桜井市長が「再生可能エネルギー」企業の誘致を巡りつまずいた格好で、政治的な痛手は大きい。

 問題の発端は、市とジ社が2012年12月に結んだ立地協定。ジ社は県の補助金を活用して年10万キロワット相当の太陽光パネルを生産し、地元から150人規模の従業員を採用する予定だった。翌13年3月に市が原町区下太田の工業地約3万6000平方メートルをジ社に3億3300万円で売却する契約が成立したが、期限の4月末になっても支払われなかった。

 市は、金融機関がジ社への融資に難色を示していたことや、別の大手企業との代金支払い訴訟で敗訴するなど苦しい資金状況を把握していたが、14年4月まで契約を解除しなかった。

 これまでの市議会の質疑では、市長の親族が当初からジ社の代理人として用地取得の協議を続けていたことや、契約違約金の取り決めを免除していたことなどが判明。複数の議員が「不当な便宜供与」「違約金の取り決めがあれば契約金の1割相当が市に入ったはず」などと市の責任を追及。ジ社に対し損害賠償を求める訴訟を起こすよう求めていた。

 今月16日に始まった定例議会で市は、契約解除までの人件費と建設予定地をジ社に引き渡す義務のないことを確認する訴訟費用の計308万円が市の実質損害額だとする試算を初めて提示。ジ社に対する損害賠償訴訟の提訴については「訴訟が長期化し、仮に勝訴しても損害金を回収できない可能性が高い」として見送る方針を示した。損害額については市と野党議員の主張には隔たりがあり、市長の謝罪で問題が収まるかどうか不透明な面もある。

南相馬市




日本の“○○バレー”!? IT企業を積極誘致する地方都市5選... 日本の“○○バレー”!? IT企業を積極誘致する地方都市5選 日本の“○○バレー”!? IT企業を積極誘致する地方都市5選 「都心の窮屈さから解放されて、将来はのびのびと働きたい!」。そんな若者の思いに応えるように、いま、IT企業を積極的に誘致する地方の動きが増えていま...
駒ケ根市テレワーク推進事業 2企業誘致 長野... 駒ケ根市テレワーク推進事業 2企業誘致 2017年2月12日 6時00分 駒ケ根市は今年度、情報通信機器などを活用し、都市部の仕事を地方でもできるようにするテレワーク推進事業に取り組んでいる。企業誘致による新たな人の流れをつくり、雇用の場を創出する狙いがあり、JR飯田線駒ケ根駅前のビルに企...
全国企業転入超過数、埼玉1位1013社 東京隣接し交通網充実... 全国企業転入超過数、埼玉1位1013社 東京隣接し交通網充実  2005年から14年の10年間に、県外から県内へ転入した企業は2468社、県内から県外へ転出した企業は1455社で、転入から転出を引いた転入超過数は埼玉県が全国トップの1013社に上ることが、帝国データバンク大宮支店の調べで分かっ...
県内の企業誘致好調 11年度以降28社進出、雇用数2406人... 県内の企業誘致好調 11年度以降28社進出、雇用数2406人 2015年07月29日 00時11分  県内の企業誘致が好調だ。県産業振興財団によると、県の総合計画で2011年度から15年度までに、進出企業25社、雇用創出者2100人としていた目標は14年度までに達成。地震が少ないとされる土...
企業支援 社債引き受けへ…南房総市... 企業支援 社債引き受けへ…南房総市 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 企業支援 社債引き受けへ…南房総市 2015年03月26日  南房総市は起業支援や企業誘致のため、企業の社債を新年度から引き受けることを決めた。地方財政法上、直接購入できないため、...
日本テクノス:秋田に新会社 県・市誘致、来年1月に設立 /秋田... 日本テクノス:秋田に新会社 県・市誘致、来年1月に設立 /秋田 毎日新聞 2015年11月13日 地方版  情報通信会社「日本テクノス」(本社・東京都)は12日、新会社「テクノス秋田」を来年1月に秋田市で設立すると発表した。誘致を進めてきた県、市との記者会見で、日本テクノスの創業者、相田龍三...
ICT100社 誘致目指す 「ヨコスカバレー構想」実現委発足... ICT100社 誘致目指す 「ヨコスカバレー構想」実現委発足 2015年7月5日 「ヨコスカバレー構想」の実現委員会を設立したメンバーたち=横須賀市で  横須賀市は、沈滞気味の地元経済の起爆剤にしようと、米国のシリコンバレーにならった「ヨコスカバレー構想」を具体化するための実現委員会を...
秋田県鹿角市「まちなかオフィス」に東京のIT企業誘致... 鹿角まちなかに東京のIT企業誘致 市長「情報発信を期待」 2017年2月28日 掲載 秋田県鹿角市は27日、地域産業と商店街の活性化に向けた同市花輪の拠点施設「まちなかオフィス」に、都内のIT企業「ファストコム」(渋谷区、小林栄治社長)を誘致したと発表した。 同社は2010年設立。ウェ...
鳥取県倉吉市、企業誘致好調も 補助金膨らみ財政圧迫... 2015年1月21日 倉吉市、企業誘致好調も 補助金膨らみ財政圧迫  人口減少の食い止めや雇用の創出の“切り札”として全国の自治体が取り組んでいる企業誘致。鳥取県内でも各自治体が力を入れており、県内への進出企業は着実に増加している。倉吉市は4年前から支援制度を大幅に拡充するなどし、進...
長野県内企業誘致の6割が太陽光施設 外部監査「雇用生まない」... 長野県内企業誘致の6割が太陽光施設 外部監査「雇用生まない」 - 産経ニュース 長野県内企業誘致の6割が太陽光施設 外部監査「雇用生まない」  県の包括外部監査人(岩渕道男公認会計士)は12日、平成26年度包括外部監査の結果報告書を阿部守一知事に提出した。報告書は、成長が見...




コメントを残す