[記事数:871] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)

福岡・鞍手町 廃校改めオタクの聖地…コスプレで町おこし



福岡・鞍手町
廃校改めオタクの聖地…コスプレで町おこし
毎日新聞2016年3月17日 14時00分(最終更新 3月17日 14時00分)

9プロモーションビデオの撮影で校庭を走るコスプレ姿の参加者ら=福岡県鞍手町で

 福岡県鞍手町が廃校となった中学校を「オタクの聖地」にしようとしている。昨年から定期的に開催するコスプレイベントには、学園ものアニメなどのキャラクターに扮(ふん)したファンが県内外から参加。校舎の一部をアニメ制作用のスペースとして貸し出すなど若手クリエーターの育成計画も進行中で、町はオタクの集客力に期待を寄せている。【川上珠実】

 2月28日午後、昨年3月に廃校になった鞍手南中学校にコスプレ姿の若者たちが続々と集まった。廃校は、昨年7月から月に数回、「くらて学園」の名称でコスプレファン向けに開放しており、参加者は教室や廊下などを使ってアニメやゲームの登場人物さながらの気分でコスプレ撮影を楽しめる。口コミで人気を集め、毎回100〜200人が訪れる。

 昨年6月、廃校後の跡地利用を検討していた町に福岡市の企画会社役員の重松克則さんが「コスプレなら廃校に人を集められるのでは」と提案して取り組みが始まった。

 11月には内閣府の地方創生先行型事業に指定され、3750万円の助成を受けて水道や電気を整備。校舎の改修も進めている。アニメや漫画を制作するクリエーター向けにスペースを貸し出すことにしており、フィギュアなどを作るための3Dプリンターも購入した。若手育成の一環として他に、作者の了解を得て成人向けではない同人誌約2500冊を旧図書室に収集する計画もある。

 2月28日のイベント時には「くらて学園」を紹介するプロモーションビデオの撮影もあり、希望者約40人がコスプレ姿で校庭を走り、体育館で踊った。ビデオは町のホームページのほか、福岡空港国際線ターミナルでも流し、海外からの観光客にもPRする予定だ。

 少年漫画のキャラクター姿で参加した福岡市の女性会社員(26)は「学校を丸ごと使ってコスプレできる場所は他にないので楽しい」と話し、視察した日本旅行九州営業本部の外国人旅行客担当者は「鞍手町は博多から車で約1時間。コスプレは海外でも人気で、参加できる体験型施設はアピール材料になる」と関心を寄せた。

 町地域振興課の立石一夫課長は「若い女性を多く呼び込めるのがコスプレの魅力。新たな観光拠点を作って町の良さを発信し、ゆくゆくは移住者を増やしたい」と話している。

自治体、続々参入

 コスプレを集客に活用する自治体などは増えている。北九州市は2014年から「北九州ポップカルチャーフェスティバル」を主催して漫画の原画展やアイドルのライブを開催し、昨年は2日間で約17万人が来場。山口県周南市では青年会議所が11年から「SHUNAN萌(も)えサミット」を開き、漫画家のトークショーや、アニメキャラクターのシールやイラストで装飾した車「痛車(いたしゃ)」の展示会を行っている。

 老舗ボウリング場「大橋シティボウル」(福岡市)で、コスプレ姿でボウリングを楽しむイベントを運営している「福岡アニメイベント企画」(福岡市)代表の古賀丈稔(たけとし)さん(39)は「何かに熱中できる強いパワーを持っているのがオタク。面白い取り組みはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて拡散し、遠方からでも仲間が集まる。彼らの情熱を地域の活性化に活用する取り組みは今後も広がるだろう」とみている。

福岡県鞍手町

【いまどきの学校・筑豊から】<7>廃校舎利用 コスプレ愛好家集う場に
2016年01月19日 15時28分

201601190018_000思い思いの衣装で旧鞍手南中校舎の大掃除を楽しむコスプレ愛好者

 キャリーバッグを引いた若者たちが次々と集まる。ここは鞍手町新北の旧鞍手南中。昨年3月に閉校となったはずだが、「掃除の時間になりました。皆さん受付まで掃除道具を取りに来てください」との校内放送が流れた。姿を現したのはピンクや金髪の女子生徒たち。制服も紫や緑、オレンジと個性的。まるでアニメのキャラクターだ。

 44年の歴史に幕を閉じた廃校舎が、コスプレ愛好家向けの架空の「くらて学園」に変身したのは昨夏。町から廃校舎利用について相談を受けた福岡市の企画会社役員、重松克則さん(53)が温めていたアイデアを持ちかけた。「校内で着替えるのがルール。いきなりコスプレ姿で登場したら周囲の住民も驚く。着替えたら雰囲気も性格もガラリと変わりますよ」。生き生きとした“生徒”たちを見て、学園の運営会社理事長を務める重松さんは目を細めた。

 昨年7月以降、コスプレ愛好家が集うイベントを5回開催。多いときは福岡、北九州両市のほか、九州内外から約200人が集まった。昨年12月中旬の「年末コスプレ大掃除イベント」には約40人が参加。制服姿の女性たちが楽しそうに教室や廊下の床を拭いていた。

 オタク系のイベントに参加し、インターネットに情報を公開している男性(40)は「専属のカメラマンを連れたガチなレイヤー(本格的なコスプレ愛好家)も多く、それだけにオタク業界の関心は高い。知名度は今後もっと高まるはず」と語る。

    □   □

 筑豊地区では少子化に伴い、小中学校の統廃合が進む。使われなくなった校舎は過疎地域に多く、財政状況が厳しい自治体は、活用や補修に向けて公費を投入できないのが実情だ。研究施設として大学などと利用協定を結ぶ自治体もあるが、活用されないままの校舎は少なくない。

 くらて学園は「廃校舎利用による観光を伴うサブカルチャービジネスと創業支援事業」として、国の地方創生先行型事業に選ばれた。国からの交付金は総額3750万円。既に電気やトイレなどの施設改修工事が始まっている。立体的なフィギュアなどが作成できる高額の3Dプリンターなどもそろえる計画だ。

 重松さんは「本物の学校を使えるメリットを政府にも認めてもらった。アニメ人気に国境はなく、海外からも人を集める『コスプレの聖地』になる潜在力を秘めている」と力を込める。

 新年度からは漫画家や声優の育成を目的にした「インキュベーション事業」もスタートする。希望者はプロも使用する先端機器でマンガやアニメの創作活動に取り組み、同好の仲間たちと交流できるという。

 町も熱い視線を送る。「廃校舎を資産と考えることで可能性が広がった。これまで町への観光客はゴルフ以外にほとんどなく、学園によって鞍手町全体のイメージアップにつなげたい」と町地域振興課の担当者。施設活用にとどまらない効果に期待が膨らむ。

福岡県鞍手町、オリジナル同人誌の図書室を開設 廃校を“サブカルの発信地”に
ITmedia更新日:2016/03/03

福岡県鞍手町が、昨年廃校となった鞍手南中学校の図書室を再利用し、オリジナル作品の同人誌を集めた図書室を開設する。2次創作やR指定の作品は除き、著作者の許諾を得たものだけを展示。2016年度内のオープンを目指し、約2500冊を集める予定だ。

昨年3月に廃校となった鞍手南中学校(福岡県)
収蔵する同人誌は、基本的に著作者と直接やり取りをして購入する予定。訪日観光客の来校も見込み、可能な範囲で英訳も検討する。編集部の取材に対し、町地域振興課の担当者は「著作者の意向を損なわないように配慮しながら、準備を進める」と話す。
廃校となった校舎は、地元の企画会社とともにイベント会場「くらて学園」として活用しており、昨年7月以降、コスプレの撮影会や「痛車」の展示会、アニメソングのライブなどを開催している。担当者は「1回のイベントに100人以上が集まり、Twitterでの評判も上々」と、廃校前の活気が戻って来た様子を語る。

「くらて学園」を活用し、全国から漫画家やアニメーターなどのクリエイターを呼び込んでいく狙いだ。将来的にはイベントに限らず、人材育成やビジネス支援の場として「サブカルの発信地」に育てていきたいという。使われなくなった教室も改装し、アトリエとして利用してもらうほか、フィギュア制作用の3Dプリンタなども用意する。
Webサイトでは「同人誌の作家さんたちから、将来漫画家に育っていただけるような支援が出来る環境をインキュベーションで行って参ります」と、取り組みの意図をコメントしている。
同人誌の購入費約250万円には、国の地方創生加速化交付金を充てる予定。





「東京で、岩手な人500人に会うまで帰りません」東京で740人と出会い 大船渡・NPO法人... 「岩手な人」東京で740人と出会い 大船渡・NPO法人  【東京支社】大船渡市のNPO法人wiz(黒沢惟人(ゆうと)最高執行責任者=COO)は26、27両日、東京都の渋谷や東京駅、有楽町などで「東京で、岩手な人500人に会うまで帰りません」と題したイベントを行い、本県出身や本県ゆかり人ら740...
萩の古民家、オフィスに 市がIT企業誘致... 萩の古民家、オフィスに 市がIT企業誘致 2016/6/23 6:32日本経済新聞 電子版  山口県萩市は、空き家となった古民家を活用したサテライトオフィス事業を開始する。昨年秋に市内明木地区で実証実験を行い、今月検証報告をまとめた。通信インフラや地域の受け入れ体制にも問題はないとして、専...
南島原の廃校が交流の場に 南島原の廃校が交流の場に 多くの客らでにぎわう「つばみ交流カフェ」=南島原市、旧津波見小 住民(左)から茶もみを教わる児童ら=5月2日、南島原市加津佐町  小学校統廃合が進む南島原市で、地域おこし協力隊員と住民が廃校活用に取り組んでいる。2013年度末に閉校した加津佐町内の2校跡を...
築60年の木造アパートが、カフェやギャラリーのある東京・谷中の最小文化複合施設「HAGISO」... 東京・谷中にある最小文化複合施設「HAGISO(ハギソウ)」は、そんなアートを日常生活の中で気軽に楽しんでほしいとオープンした施設。現在、建物の1階にはカフェやギャラリー、美容院などが入っていて、まちの人たちの憩いの場となっています。 「HAGISO」とは? 木造アパート「萩荘」が建てら...
スプラッシュウォーターパーク 逗子のビーチに海上遊具 市民企画で初の試み 掲載号:2015年5月29日号  逗子海水浴場に今夏、大型の海上アスレチックがお目見えする。市観光協会や市商工会、地元町内会役員ら有志市民が組織する実行委の企画で、初の試み。6月29日の海開きにオープンする。昨年までの規制で観光客数が大幅に落ち込...
群馬)「田舎暮らし体験を」 学生が古民家改修 東吾妻... 群馬)「田舎暮らし体験を」 学生が古民家改修 東吾妻 2015年9月22日03時00分 東吾妻町の古民家を改修して、都会の人に使ってもらおうと、県外の大学生たちが奮闘中だ。資金は十分でないが、地元の人たちの協力を得ながら、休日に通って作業を進めている。 この「古民家再生プロジェクト」に...
ホテルで楽しむ読書、「図書館付きホテル」の魅力... ホテルで楽しむ読書、「図書館付きホテル」の魅力:株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine ホテルで楽しむ読書、「図書館付きホテル」の魅力 加藤 秀行、 阪神 裕平 2014年11月16日 18:00 図書館が併設されているホテルもある。そんなホテルなら荷物にな...
旧出合小、カフェに変身 校舎活用施設オープン... 旧出合小学校 徳島県三好市 徳島県三好市池田町大利大西15番地 旧出合小、カフェに変身 校舎活用施設オープン 2014/10/28 14:00  2012年に廃校となった三好市池田町の旧出合小学校の校舎を活用したカフェ兼イベントスペース「ハレとケ デザイン舎」がオープンした...
ベンチャー最も熱いのは福岡県? 学生から80代まで起業相談するカフェ... ベンチャー最も熱いのは福岡県? 学生から80代まで起業相談するカフェ スタートアップカフェ[福岡市中央区] 九州一の繁華街、天神のおしゃれなビルに入居。民間出身のスタッフが起業相談に乗るほか、弁護士や税理士らの無料相談日も。講演会や交流会といったイベントも頻繁に開催  地方でも盛り上が...
「温泉×カフェ」の新業態がヒット 温浴施設を再生する仕掛け人... 「温泉×カフェ」の新業態がヒット 温浴施設を再生する仕掛け人 経営不振の温浴施設を譲り受け、居抜きで活用。ユニークな特徴を持つ温浴施設に再生し、売上げを伸ばす。温泉道場は「温浴施設」の枠組みを超え、新たな戦略を進めている。 大宮駅から1駅、鉄道博物館駅から徒歩約10分に位置する「おふろcaf...




コメントを残す