[記事数:871] 日本を元気にするキーワード、地域活性化×中小企業× ITのTips and Quotes(秘訣と引用文)

秋田県鹿角市「まちなかオフィス」に東京のIT企業誘致



鹿角まちなかに東京のIT企業誘致 市長「情報発信を期待」
2017年2月28日 掲載

秋田県鹿角市は27日、地域産業と商店街の活性化に向けた同市花輪の拠点施設「まちなかオフィス」に、都内のIT企業「ファストコム」(渋谷区、小林栄治社長)を誘致したと発表した。

同社は2010年設立。ウェブサイト制作や映像制作をはじめ、インターネット情報システムの企画・設計を行っている。渋谷本社のほか、港区にもオフィスがある。従業員は計28人。

鹿角市へは企画・制作拠点の整備の一環として「鹿角クリエイティブオフィス」を設立し、レンタルオフィス2室のうち、オフィスB(264平方メートル)に入居する。

秋田県鹿角市花輪字下花輪33番地1

鹿角市まちなかオフィス

外観
鹿角市まちなかオフィスは、情報関連企業の集積を図るとともに、起業・創業支援体制の強化と地域内連携を推進し地域産業の活性化と商店街の賑わいを創出するための施設です。

名  称

鹿角市まちなかオフィス

所在地

秋田県鹿角市花輪字下花輪33番地1

建物概要

構  造

 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建

延床面積

 1階 / 1,384.10㎡   2階 / 202.06㎡

施設内容

 ・管理室  ・レンタルオフィス(2部屋)  ・インキュベートルーム(3部屋)
・インキュベーションフロア  ・相談室  ・研修室  ・会議室

駐車場

 一般駐車場(オフィス前)34台
入居者用駐車場(道路を挟み北側)48台

開館時間等

・レンタルオフィス及びインキュベートルームは年中無休(24時間)
・その他の施設は土日、祝日、12月29日から1月3日を除く日(午前9時から午後6時)

有料施設の内訳

室名

面積

使用料(月額)

備考

 レンタルオフィスA   592.30㎡    285,000円   電気、通信料金は別途負担
 レンタルオフィスB   264.34㎡    127,000円   電気、通信料金は別途負担
 インキュベートルームA     16.78㎡      10,000円  
 インキュベートルームB     15.08㎡      10,000円  
 インキュベートルームC     14.63㎡      10,000円  

※レンタルオフィス    ⇒ 市外企業が鹿角市に新規進出する場合は、入居から5年間使用料は無料です。
※インキュベートルーム ⇒ 市外在住者が鹿角市に転入して使用する場合は、入居期間使用料は無料です。
※駐車場代を含む共益費は使用料に含みます。

施設案内図

施設の詳細

【レンタルオフィス】
情報関連企業の集積を目指した貸事務所としてオフィスAとオフィスBの2部屋を整備しました。オフィスAは592平方メートル(約180坪)で月額使用料は285,000円、従業員50人規模を想定しています。オフィスBは264平方メートル (約80坪)で月額使用料127,000円、従業員30人規模を想定しています。それぞれ共益費を含んだ使用料としており、新規進出企業は5年間使用料を免除することとしています。

レンタル
オフィスA

レンタルオフィスA

レンタル
オフィスB

レンタルオフィスB

【インキュベートートルーム】
インキュベートとはふ化器を意味しており、起業・創業者向けとして15~17平方メートルの貸事務所を3部屋準備しました。
使用料には、電気料、インターネット使用料が含まれ、低廉な家賃で起業・創業者をサポートします。最長3年間入居することができ、期間満了後は市内で経営者として羽ばたいていただきます。なお、市外からの転入者は使用料を免除します。

【インキュベーションフロア】 
起業・創業者が集い、情報収集や情報交換する場所として整備しました。使用に当たっては原則登録制とします。

 インキュ
ベート
ルーム

インキュベートルーム

インキュ
ベーション
フロア

 インキュベーションフロア

【相談室】
中小企業や個人事業の経営者が抱える経営上のあらゆる悩みの解決を支援するため、あきた企業活性化センターが展開する「秋田県よろず支援拠点」を開催するほか、同センターのインキュベーターや産業コーディネーターによるフォローアップを行います。

【研修室及び会議室】
原則として、入居者や市が主催する事業等で使用しますが、地域の活性化を目的とする事業に使用したい場合は使用を認めます。

関連事業

【地域内連携推進事業】
本市の主要産業である製造業と、地域経済構造の分析上、比較優位にある食品製造業の地域内ネットワークを構築し、企業単体での弱点の補完や、地域内取引の活性化を図ることを目的とし、管理室内に事務局を設置し展開する。

【ウーマンネットワークビジネス支援事業】
女性の多様な働き方を支援するため、テレワークの普及やハンドメイドクリエーターのネットビジネスを促進し、女性が活躍する社会を構築し地域経済の活性化を図るため、在宅ワークセミナーや集合研修を開催する。

【産業人材育成支援事業】
次世代経営者や創業希望者など、本市の未来の産業界を担う人材の輩出を目的に産業活力塾を開講する。





IT企業誘致プランをSBグループ会社に委託、鳥取県八頭町... IT企業誘致プランをSBグループ会社に委託、鳥取県八頭町 鴨沢 浅葱=Infostand【2015.11.2】 吉田英人・八頭町長(中央)とSBヒューマンキャピタルの担当者など(写真:SBヒューマンキャピタル)  鳥取県八頭町は、IT企業の誘致を図る「八頭イノベーション・バレー」の創設...
長野県内企業誘致の6割が太陽光施設 外部監査「雇用生まない」... 長野県内企業誘致の6割が太陽光施設 外部監査「雇用生まない」 - 産経ニュース 長野県内企業誘致の6割が太陽光施設 外部監査「雇用生まない」  県の包括外部監査人(岩渕道男公認会計士)は12日、平成26年度包括外部監査の結果報告書を阿部守一知事に提出した。報告書は、成長が見...
県内の企業誘致好調 11年度以降28社進出、雇用数2406人... 県内の企業誘致好調 11年度以降28社進出、雇用数2406人 2015年07月29日 00時11分  県内の企業誘致が好調だ。県産業振興財団によると、県の総合計画で2011年度から15年度までに、進出企業25社、雇用創出者2100人としていた目標は14年度までに達成。地震が少ないとされる土...
いま多くのIT企業が沖縄に目を向ける理由... いま多くのIT企業が沖縄に目を向ける理由 | Bizコンパス -ITによるビジネス課題解決事例満載! 日本企業がアジアへ進出する際の新拠点に! いま多くのIT企業が沖縄に目を向ける理由 2015.01.30 Fri  2014年の一年間で705万6...
日本テクノス:秋田に新会社 県・市誘致、来年1月に設立 /秋田... 日本テクノス:秋田に新会社 県・市誘致、来年1月に設立 /秋田 毎日新聞 2015年11月13日 地方版  情報通信会社「日本テクノス」(本社・東京都)は12日、新会社「テクノス秋田」を来年1月に秋田市で設立すると発表した。誘致を進めてきた県、市との記者会見で、日本テクノスの創業者、相田龍三...
田舎企業はサテライトオフィスに学べ! 「地方創生のススメ」 編集部... 田舎企業はサテライトオフィスに学べ! 「地方創生のススメ」 編集部  最近では採用で苦戦するベンチャー・中小企業がこぞってサテライトオフィス開設を検討したり、またサテライトオフィス誘致に着手する自治体も増えている。 そうしたなか元々地方で展開している企業にとって、まさに今は追い風ではないだろ...
県の企業誘致:14年度件数は20件 投資額は321億円 前年度の2倍に /大分... 県の企業誘致:14年度件数は20件 投資額は321億円 前年度の2倍に /大分 毎日新聞 2015年05月14日 地方版  県は、2014年度の県内の企業誘致状況を発表した。誘致件数は20件(前年度23件)で、4年連続で20件以上を達成した。投資額は前年度の2倍強の321億円。一方、雇用者数...
桜井・南相馬市長:企業誘致失敗、減給へ 責任認め自ら処分 /福島... 桜井・南相馬市長:企業誘致失敗、減給へ 責任認め自ら処分 /福島 毎日新聞 2015年06月27日 地方版  震災後に南相馬市に太陽光発電関連工場を建設するとして市と立地協定を結んだメーカー「ジー・エム・ジー」(本社・東京)が、資金難を理由に土地取得費用を支払わず計画が中止になったことを巡り...
企業支援 社債引き受けへ…南房総市... 企業支援 社債引き受けへ…南房総市 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 企業支援 社債引き受けへ…南房総市 2015年03月26日  南房総市は起業支援や企業誘致のため、企業の社債を新年度から引き受けることを決めた。地方財政法上、直接購入できないため、...
「あわえ」が短期滞在施設 IT企業のサテライトオフィスを誘致…徳島... IT企業のサテライトオフィスを誘致…徳島 2015年08月24日 09時59分 「あわえ」が短期滞在施設  徳島県美波町で地域活性化に取り組む会社「あわえ」が、同町への進出を検討する企業の経営者らに利用してもらう短期滞在施設「Work and Play+戎邸」を今夏オープンさせた。 ...




コメントを残す